マレーシア地元情報

【マレーシア】ハーフボイルドエッグは半熟卵とどう違う?

投稿日:2018年2月12日 更新日:


「ハーフボイルドエッグ」って何?

クアラルンプール (KL) やペナンなど大都市ではお洒落なカフェが急増しているマレーシアですが、それでも「コピティアム」と呼ばれる昔ながらのカフェはまだまだ健在です。

そんなコピティアムで定番とも言えるのが、「ハーフボイルドエッグ」 (マレーシア風半熟ゆで卵) です。日本で半熟卵というと、白身はほぼ固まっていて中から黄身がトローリと出てくるものを想像しますが、マレーシアの「ハーフボイルドエッグ」はそれよりも温泉卵に近い食べ物です。もう少し正確に言うと、「黄身があまり固まっていない温泉卵」というところでしょうか。地元の人たちはこのハーフボイルドエッグが大好きで、どのコピティアムでもほぼ間違いなくメニューに入っています。

さて、ハーフボイルドエッグを注文する時に覚えておくとよいポイントをいくつかご紹介します。

その1: 2個で1セット

ほとんどのコピティアムでは、注文の際に「1つ=タマゴ2個」となっています。「ハーフボイルドエッグ2つ」と注文すると計4個頼んだことになりますので注意しましょう。

その2: お皿が2枚

ハーフボイルドエッグは大抵2枚重ねにしたお皿の上に載せて提供されます。このお皿というのがどう見てもコーヒーカップ用のソーサーで、コピティアムになじみのない方は「これで一体何をしろと???」と戸惑うこともあるようです。

この2枚のお皿、どうやって使うのでしょうか?

答えは実にシンプル、お皿の上に卵を割って食べるです。ちなみにほとんどの人は、提供された時に卵が直接触れていない下の方のお皿を使います。マレーシアの玉子は店頭に並ぶ際にも日本のようにキレイではなく、よくゴミやフンなどがついているので、熱湯でゆでているとはいえ気分的に「殻が直接触れたお皿の上では食べたくない」と感じることが理由ではないかと思います。ちなみに殻の内側にプルンとした白身が残ることが多いので、それもスプーンで丁寧にかき出して食べましょう。

人それぞれ好みはあるものの、「醤油と白コショウをかけ、軽く混ぜて食べる」というのが一般的な食べ方です。そのままスプーンですくって食べるのはもちろん、別に注文したトーストを卵につけながら食べている人も多く見られます。

しょうゆとコショウで味つけ

軽く混ぜると黄身はトロトロに

その3: ゆで具合をリクエスト

実は、ハーフボイルドエッグは店によってゆで方に独自のレシピがあり仕上がりが違います。地元の人はそれぞれ自分のお気に入りのコピティアムがあり、話を振ろうものなら「○○のハーフボイルドエッグの黄身が一番おいしい」、「いやいや、△△の方がいいタマゴ使ってる」など、たかがタマゴの話題で結構盛り上がるものです。

お店によっては、ある時は殆どただのゆで卵、次に行くと白身がまだ透明なのが出てきたなど、仕上がりがバラバラなこともあります。しかし人気があるコピティアムのハーフボイルドエッグというのはやはり美味しく、さすがいつ食べても同じゆで具合と食感をキープしています。

もし、「ここのハーフボイルドエッグはちょっと生っぽいので、もう少しゆでて欲しい」という時には、「ハーフボイルドエッグ、スリークォーター (4分の3)」と注文しましょう。そうすれば、カチカチのゆで卵にされることなくちょうどいい感じになるはずです。

※ ちなみに個人的なランキングでは、「オールドタウン (OldTown)」、「パッパリッチ (Papparich)」、「クルアンステーション (Kluang Station)」が、ハーフボイルドエッグの美味しいコピティアム トップ3です。

マレーシア人がこよなく愛するコピティアム。みなさんも機会があればコーヒーだけでなく、ハーフボイルドエッグやカヤトーストをはじめとするコピティアムの定番メニューもぜひ楽しんでみて下さいね。

(2018年9月1日:タイトル修正)


スポンサーリンク

ITフリーランス

ITフリーランス

-マレーシア地元情報
-, ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【マレーシア】クアラルンプール国際空港 (KLIA) ⇒サービスが悪かったら罰金?

世界100か国を超える1,300万人以上もの利用客からの評価が反映される「世界の空港ランキング」。順位を大きく落としているクアラルンプール国際空港 (KLIA) のサービス向上のために考えられた仰天プランとは!?

【KLニュース】「学生の靴は黒に指定」→「あと靴下もね」―ただし施行は2021年から

2021年より、全国の公立中等学校における学生靴の色を黒に指定すると数か月前に発表したマレーシア政府。先日、「ソックスも黒にすること」との追加情報が発表されました。ただし、移行期間として2020年末ま …

【マレーシア】交通事情(2) MRTってどうなの?⇒予想外によかった

2017年に開通したばかりのクアラルンプールの新交通機関MRT。普段から便利な鉄道に乗り慣れている日本人から見て正直どうなんだろう?ということで、実際に乗って確かめてきました。

マレーシアで運転するなら注意したい 5つのポイント

by Sarah Browning on flickr かつてと比べると都心部で公共交通機関が整備されてきてはいるものの、地元の人たちのほとんどが車を所有していることからも分かるようにまだまだ車社会で …

ホワイトコーヒー

ホワイトコーヒーと普通のコーヒーの違いって何?⇒色じゃなかった

トラベルガイドを見ると、必ずと言っていいほど「マレーシアに行ったらぜひ飲みたい」といったキャッチフレーズと共に紹介されているホワイトコーヒー。その名前の由来は?他のコーヒーと何が違うのでしょうか?意外に深いその歴史をお伝えします。

このブログについて

東南アジアに住む筆者が、コーヒーコラムやテイスティングノート、また競技会や展示会等のイベントなど、コーヒー文化と地元の情報を現地から発信していきます。


管理人: Gaku

30代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。