マレーシア地元情報

【マレーシア】交通事情(2) MRTってどうなの?⇒予想外によかった

投稿日:2017年10月14日 更新日:


コタ・ダマンサラ駅からスリアン駅方面を望む by Gaku.Y

マレーシアの交通事情を取り上げた前の記事の続きとして、2017年に開通したばかりのMRT(大量高速輸送交通)とよばれる電車について紹介します。

※記事の最後に、終電情報(日本語)のリンクがあります。

せっかく開通してからもなかなか利用する機会のなかったMRTですが、先日ついに体験してきましたのでそのレビューを少し書きたいと思います。

<MRTに乗ってみた>

見晴らしのいい先頭車両 by Gaku.Y

以前からあるLRTにはこれまで何度も乗っていますが、車内が狭い、急加速・急ブレーキが目立つ(ちなみに無人の自動運転です)、インテリアもごく普通、といった感じなので、今回のMRTにも正直どこか同じようなイメージを持っていました。しかし、実際に乗ってみた感想は、

「想像していたより、ずっといい」

まず、車両サイズが一回り大きいことで車内の開放感がこれほど違うとは思っていませんでした。これはバンコクの交通機関BTSよりもポイントが高かったです。また、最新の交通システムというだけあって、LRTと同じ自動運転ですが動きにギクシャクするところがなく、全体にとてもスムーズな走りです。大きくとられた窓や相当広く設計された車両連結部分、またシート下の空間に配置されたLEDライトなど、よく洗練された車内のデザインも明るく快適な印象を演出しています。駅のホームや改札なども含め、LRTより利便性がワンランク上のレベルだと感じました。

電車

とても明るく開放的な車内 by Gaku.Y

いつもは渋滞にハマることを覚悟して車で行くクアラルンプール市内ですが、MRTならイライラすることもなく快適に移動できます。もちろん、車の利用にもそれはそれでメリットがありますが、特にラッシュ時や雨で道路が冠水して大渋滞になっている時などは、MRTを利用する方がはるかに時間と労力の節約になることは間違いありません。もし市内に何時間か滞在するのであれば、高い駐車料金を払うよりもMRTの方が断然経済的です

さらに、各駅とその近隣エリアをつなぐ新規のバス路線も開業と同時に運行が始まっています。個人的にはまだ乗ったことはありませんが、どのバスも駅を中心にした循環ルートとなっていてそれなりの頻度でバスを走らせていますし、料金も一律1リンギ(約26円=記事作成時)と安く設定されているので、駅から少し離れたところに住んでいる方にとっては結構使えるかもしれません。

ということで、MRTにまだ乗ったことのない方は、ぜひ一度試してみる価値があると思います。電車での移動に慣れている日本人にとっては、こうした公共交通機関が新たにできたのはうれしいことですね。通勤に、買い物に、観光にと、MRTはこれから色々なシチュエーションで便利に使っていける移動手段になるのではないかと期待しています。

(2019年2月18日:追記) 2019年2月18日付の地元紙ザ・スターの報道によると、チェラス (Cheras) 地区にあるMRTの駅構内にて強盗事件が発生したとのこと。事件が起きたのは2月14日の午前6時45分頃で、48歳の女性が一人でエレベーターに乗ったところ後ろからつけてきた男性も入り込み、殴る蹴るの暴行を加えた後に現金やATMカード、身分証明書などを奪って逃走。もちろんエレベーター内には監視カメラが設置され一部始終が記録されていたわけですが、そんなことはお構いなしの犯行に地元でもショックが広がっています。

マレーシアの日の出は毎朝7時20分前後なので、事件が発生した午前7時前だと外はまだ真っ暗です。MRTやLRTは便利な交通機関ですし一番安全な交通手段の一つではありますが、利用する際には現地の治安状況が日本とは異なるということを忘れないようにしましょう。

(MRTを含めた新交通が不動産価格に与える影響については、マレーシアブログ「KOKONATS.com」さんの記事「笑うのは誰だ?LRT新線開設とそれに影響される不動産価格」 に詳しいので、ぜひそちらをご参照ください。) 

下にMRT各駅の終電時刻を掲載します。個人用としてご自由にお使い下さい。 (画像をクリックすると、フルページのPDF版をダウンロードできます。)
※ ただし、不特定多数への配布や無断転載・直リンクは禁止とさせて頂きますのでご了承ください。

(2020年5月8日更新) 制限令の影響によりダイヤに大幅な変更が生じていましたが、5月4日の条件付き活動制限令 (CMCO) 施行後はほぼ通常通りの運行に戻っています。ただし、終電時間などに以前変更が加えられているようですのでご注意ください。

(クリックして完全版PDFバージョンをダウンロード)

スポンサーリンク
一時帰国の際も手軽に使えるモバイルWi-Fi!!

(2017年11月15日:画像追加・変更)
(2017年11月17日:タイトル修正)
(2018年1月4日:レイアウト・リンク修正)


スポンサーリンク

カラーミーショップ

カラーミーショップ

-マレーシア地元情報
-, , ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Highway and condominiums

【マレーシア】条件付き活動制限令 (Conditional MCO) で何が変わるか

当ブログではこれまで現地の情報について「【新型コロナ (COVID-19)】マレーシアの感染状況は?」と「【新型コロナ (COVID-19)】マレーシアの活動制限令について分かっていること」などの記事 …

【マレーシア&シンガポール】ヘイズ (煙害) についてもっと知りたい!

衛星画像:2015年の東南アジアにおけるヘイズ Contents1 ヘイズって何?2 マレー半島のヘイズはどこから来ているのか?3 ヘイズにまつわる疑問3.1 マレーシアとシンガポールで計測値が違う理 …

【マレーシア】「ミニカーコレクションをクールに飾りたい」→斜め上の発想で実現

by Gaku.Y ミニカーの世界には、数百台から数千台の単位で収集するコレクターと呼ばれる人たちがいます。 日本では狭い部屋で置き場所に苦労しながら飾っている方も多いと思いますが、マレーシアのあるコ …

Blue mosque

【マレーシア】現地の日本人から見た活動制限令 (MCO) ―4週目

by Andale Lucy on Pixabay ついに日本でも緊急事態宣言が出され、まだまだ世界中で終息の兆しが見えない新型コロナウイルス (COVID-19)。マレーシアでは3月18日より活動制 …

Luxury car

【マレーシア】車のスモークガラス&フィルム規制を緩和

by Zaldi Camerino on flickr 年中常夏で熱帯気候のマレーシア。赤道直下の強い太陽光線で、当然車の中も相当熱くなるのでほとんどの車が何らかのフィルムを貼るなどして暑さ対策をして …

このブログについて

東南アジアに住む筆者が、コーヒーにまつわるコラムをはじめ、コーヒー文化と地元情報を現地から発信していきます。

地球はコーヒーで回ってる O.M.C. - にほんブログ村


管理人: Gaku

40代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。