珈琲雑記

コーヒーの芳香剤がなぜか売れない理由とは?

投稿日:2017年10月9日 更新日:


コーヒー豆

コーヒーの香りの芳香剤ってどこで買えるんだろう?

コーヒー好きの方なら、一度や二度はこう思った経験があることでしょう。しかし、いざ探してみると全くと言っていいほど見つからないコーヒーの香りの芳香剤。需要はありそうなのに、なぜ店頭であまり見かけないのでしょうか?

コーヒーの香りの芳香剤を買ったものの・・・

車の運転免許をとってから、私が20年来ひいきにしている車用芳香剤のブランドがあります。他のメーカーのものも色々と試してはみたのですが、炎天下の車内でもクラクラするほど香りが強くなることがなく、約1か月はちゃんとニオイが持続し、かつ自分好みの香りというと結局このブランドに行きついたというワケです。

このメーカーの芳香剤にはお客様アンケートのハガキが入っていて、5コ分のバーコードを集めてアンケートに貼って送ると、もれなく1コ無料プレゼントというキャンペーンをもう何年もやっています。そんなわけで、これまでに何通となくこのハガキを送ってきたのですが、アンケートには「お客様のご意見・ご要望」みたいな欄があり、そこに毎回何かしらの希望を書き込んでいました。

普段はカンキツ系の香りを好んで使っていたのですが、その「ご意見欄」にある時から「いつかコーヒーの香りを出してほしい」と書くようになりました。すると、しばらくして本当にカフェラテの香り(キャラメルラテだったかも)というのが出たのです。もしかすると、同じようなリクエストを出していた人が結構ほかにもいたのかもしれません。

その辺の事情はともかく、自動車用品店でカフェラテの香りのパッケージを見つけた時には、「ついに出た!」と興奮してその場で購入しました。そして、駐車場にとめてあった車に戻るとすぐに缶のフタを開け、車内にリアルなラテの香りが広がるのを感じながらイイ気分で自宅に戻ったところまではよかったのです。

ところが・・・
その夜、妻が車に乗ってすぐに言った言葉が、

ねぇ、コーヒーこぼした?

まったく予想もしていなかった角度からのコメントでした。言われた意味をイマイチよく整理できないまま、「これ芳香剤なんだけど。でもいいニオイするでしょ??」と答えてみましたが、絶対コーヒーこぼしたって感じとダメ押しの言葉。さらに続けて、

まあ、匂いはすごくリアルだけどね

香りがリアルすぎてイメージが崩れる

匂いがリアル。何とそれが問題でした。

芳香剤というカテゴリーで考えると、リアルな匂いというのは本来であれば長所となるはずです。「本物みたいなグレープフルーツの香り」、「フレッシュな青りんごの香り」など、これらはすべてほめ言葉であり、恐らくユーザーの満足度も高いと思われます。しかし、これがコーヒーの香りとなると一転して話が違ってきます。

「車内で(本物そっくりの)コーヒーの匂いがする」

「でも今はコーヒーなんか飲んでない」

→「じゃあ、誰かがコーヒーをこぼしたんだろう

と連想してしまい、その香りと関連づけられているイメージが一気に崩れてしまうのです。

スポンサーリンク

芳香剤としてのコーヒーの立ち位置

コーヒー豆

by Jakub Kapusnak on Unsplash

そう言われてみると、芳香剤やアロマセラピー、また香水やフレグランスにおいて「コーヒーの香り」というのはあまり一般的ではありません。むしろ、コーヒーの粉や出がらしを靴箱に入れておくといったような、脱臭・消臭目的での使用がほとんどです。

確かに、ビシッとスーツで決めたビジネスパーソンがコーヒーフレグランスの匂いをプンプンさせている状況は想像しにくいものです。もしそんなことがあったなら、きっと周りの人からは「この人、服にコーヒーこぼしたのかな」と思われるのがオチでしょう。また、お金を出してわざわざコーヒーのアロマオイルなんてものを買うぐらいなら、普通にドリップコーヒーでも淹れた方がよほど簡単に部屋全体に香りが広がる(&実際に飲んで楽しめる)と考える人も少なくないはずです。

こう考えると、コーヒーってすごくいいニオイだけど、身につけたい香りじゃないよねっていうのが世間一般の感覚なのかもしれません。でも、それじゃまるで「友だちとしては最高だけど、結婚相手としてはちょっと・・・」みたいな、何だかとてもビミョーな立ち位置じゃないかと、コーヒーになった気持ちで考えてみると少し切なくもなるのです。

(2017年11月13日:追記)
消臭に使うコーヒーは当然出がらしだろうと思っていたんですが、なんと「コーヒーの香り袋」というモノを発見。コーヒー屋さんが一個ずつ手作りで、しかも香り袋専用に焙煎や挽き方を仕上げたという何とも気合いの入った一品です。

スポンサーリンク
↓香り袋を楽天市場で探す
【澤井珈琲】コーヒーの香り袋(かおりふくろ/かおりぶくろ/香袋/防臭)

(2017年10月10日:レイアウト修正)
(2017年11月17日:表記修正)
(2018年11月14日:見出し修正)


スポンサーリンク

東急ハンズ

東急ハンズ

-珈琲雑記
-, ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

カフェラテやカプチーノのミルクってどうして泡立つの?

熟練のバリスタが淹れたカフェラテやカプチーノは、エスプレッソにしっかりとした甘みのあるフォームドミルクが混ざりあって本当に美味しいものです。また、きれいなラテアートを描く際にもきめ細かなフォームドミル …

コーヒーの生産処理―ナチュラル ⇒ 長所と短所は?

by counterculturecoffee 目次1 コーヒーの生産処理について2 ウォッシュド vs ナチュラル ―その長所と短所3 ナチュラルとハニープロセスの今後 コーヒーの生産処理について …

「コーヒーのカッピングって何をするの?」⇒ 体験してみた

by Paul Jackson 目次1 カッピングとは?2 カッピングの手順2.1 <カッピングを行うときの注意点>3 カッピングをすることのメリットとは?4 カッピング使用豆のロースター カッピング …

コーヒーの生産処理―マロラクティックとは?

アフリカンベッドで乾燥中のコーヒーチェリー by Gaku.Y 目次1 特殊なコーヒーの生産処理2 マロラクティックとは3 マロラクティックとワイニーの違い4 マロラクティックの風味5 特殊な生産処理 …

「最高級コーヒーといえばブルーマウンテン!」⇒「え、違うの?」

「一番おいしくて高級なコーヒーはブルーマウンテン」って何となく思っていませんか?
確かに値段はずば抜けて高いブルーマウンテン。なぜ高いのか、なぜ日本以外の国ではほとんど見かけないのか、その理由を探ります。

このブログについて

東南アジアに住む筆者が、コーヒーコラムやテイスティングノート、また競技会や展示会等のイベントなど、コーヒー文化と地元の情報を現地から発信していきます。


管理人: Gaku

30代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。