-Oh My Coffee- 海外から現地情報と世界のコーヒー文化を発信

マレーシア地元情報

【新型コロナ (COVID-19)】マレーシアでも一般施設での体温検査が拡大

投稿日:2020年3月9日 更新日:


picture of coronavirus

これまで当ブログ記事「【新型コロナ (COVID-19)】マレーシアの感染状況は?」にて情報を随時更新していましたが、感染者の急増や状況の変化により元記事の追加・修正では最新の情報をお伝えしにくくなってきましたので、今後は地元の現状で注目できる点を別記事として作成していきたいと思います。

(2020年3月11日) 世界保健機関 (WHO) は、新型コロナウイルス (COVID-19) の感染が世界的な大流行である“パンデミック”の状態にあると表明しました。

※パンデミックとは:「国を越えた感染拡大のコントロールが利かず、地球上のあらゆる人に感染の可能性がある状態

(参考―読売新聞:「WHO、パンデミックを宣言…世界で感染10万人超」、日経新聞「WHO事務局長、新型コロナ「パンデミック」と表明」)

急に増えてきた体温検査

Fever thermometer

by kalhh on Pixabay

2月の後半は約2週間ほどマレーシア国内での新たな感染者が報告されず小康状態となっていましたが、その後いわゆる“スーパースプレッダー”となった感染者が出たこともあり、3月初めの1週間で感染者の数が約4倍に急増しています。

これまで感染者が出たとしても、海外への渡航歴があったりまたはその家族であったりと比較的限られた範囲での感染だったため、感染の拡大を身近に感じることはありませんでした。しかし、ここ数日で医療関係者、学校関係者、政治家、銀行関係者などに感染者または感染の疑いがある人が出てきており、地元での感染予防措置にも変化が見られています。

手洗いやうがいは初期の頃から奨励されており、マスクやハンドサニタイザー (手指の消毒液) が品薄になる状態が続いていました。しかしここ数日で、早期に体温検査を導入していたインターナショナルスクール各校に加えて、Maybankなどの銀行コンドミニアム、またマッサージやフェイシャルなど接客業店舗での体温検査を行うケースが増えてきました。

新型コロナウイルスは発症前でも他の人に感染すると見られているので体温検査だけで防げるものではありませんが、日本でも熱があるのに動き回る人が感染を広げたケースが報告されているのを目にすると、発熱をチェックすることに一定の予防効果はあるんだろうと思います。

ただし、マレーシアの場合は肝心の体温計が正確かどうか疑問に感じることもあります。ある施設のチェックポイントでは、自分の体温が気になった来訪者が「何度でしたか?」と聞くと、警備員が笑顔で「32℃だからOKです」と。いや、それOKじゃなくてもう死んでますから (笑)。この体温計だと、仮に熱が40度あったとしても“マイナス4度補正”で平熱になっちゃうんでしょうね。そもそも、平熱が何度かも知らない警備員に体温検査を任せるのもどうなんだろうと思いますが、これも「マレーシア・ボレ (Malaysia boleh. = 「マレーシアだから何でもOK~」とごまかす時の定型表現)」の一例です。

スポンサーリンク

大規模なイベントの禁止も

Large audience

日本では政府が大規模イベントの自粛を要請したこともあり、コンサートやスポーツイベントなどの延期や中止が相次いでいますが、マレーシアでも少しずつそういった動きが出てきました。

報道によると、首都クアラルンプール周辺に位置するセランゴール州プチョンのカトリック教会で、教会員の一人が新型コロナウイルス (COVID-19) への感染が発覚。地元に住む知人の情報によると、ここはかなり大規模な教会で普段から大勢の信者が集まっているということで、感染の拡大がどの程度になるのか当局も接触者の追跡調査をしながら注視しています。クリスチャン以外にも、イスラム教国であるマレーシアは毎週金曜日には各地のモスクで信者が集まって礼拝を行っており、新型コロナの感染がさらに拡大すると大勢が集まる宗教行事についても何らかの規制は避けられないのではないかと見られています。

こうした状況の中、3月7日にアミルディン・シャリ (Datuk Seri Amirudin Shari) セランゴール州知事は、州内での「1,000人規模のイベントは当面延期」するよう要請しました。KLCC (KLコンベンションセンター) をはじめとする大規模イベント会場を複数抱える首都KLでも、今後の状況次第では同様の要請が行われる可能性は高いでしょう。

(参考―The Star (英語):”Puchong church member tests positive for Covid-19” / “S’gor to come up with measures to contain Covid-19 on March 11“)

KL周辺で複数インター校が休校

Empty classroom

by Wokandapix on Pixabay

今のところマレーシアでは政府による休校措置は取られていませんが、セランゴール州の Tropicana Golf & Country Resort 近くのインター校は、数日前に学校関係者に感染者が出たため休校している模様です。はっきりとした詳細は公表されていませんが、首都近郊では複数のインターナショナルスクールで感染者が出たことにより休校となっているようです。こうなると、他の学校でも感染者が見つかるのは時間の問題で、その他のインター校でもいよいよ現実味を帯びてきた休校に備えて動きが慌ただしくなってきています。

マレーシアの公立学校はもうすぐ1週間の春休みの時期ですが、状況次第では政府により休みの延長などの措置が取られる可能性もあるかもしれません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

Nomad SIM

Nomad SIM

-マレーシア地元情報
-, ,

執筆者:


  1. R923E より:

    現在マレーシア滞在中です。
    毎朝夕、当サイトをチェックしていましたが、今日からの全外国人入国禁止に伴い、連泊予約していたメルキュールホテルも今日の1泊だけで明日は営業中止だとか。
    現在マレーシア滞在中の旅行者は、大変なことになりそうです。とりあえず、明日の宿を確保できるかという問題が発生していますが、ホテルの営業停止ってやりすぎではないかという気がします。
    滞在中の外国人、それなりにいるはずなので、今後の情報がありましたら発信をお願いします。

    • Gaku より:

      R923E さま、
      コメントありがとうございます。明日3月18日から施行される活動制限令は、細部まで詰めずに発表されたのではないかと思える内容で各業界に大きな混乱が見られているようです。

      ご指摘のホテルの営業についてですが、明らかになっている情報によると現在ホテル業界代表と観光省の間で詳細を協議中だとのことです。報道では「制限令の期間中にどうやってホテルを機能させればよいかを話し合っている」としており、宿泊客にもホテル側にも甚大な影響がある一律の営業停止はどうにかして避ける方向ではないかと思われます。

      本件の詳細が明らかになり次第、当ブログの記事に情報を反映する予定です。滞在中の外国人の方々にとっては大変な状況になっていますが、事態がある程度無難なところに落ち着くことを願っております。
      よろしくお願いいたします。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【マレーシア&シンガポール】ヘイズ (煙害) についてもっと知りたい!

衛星画像:2015年の東南アジアにおけるヘイズ (2020年8月20日:追記) 新型コロナに注意が集中している今日この頃ですが、ここ最近ヘイズが戻ってきています。KL周辺でも「不健康」レベルのAPI1 …

Calendar

【マレーシア】祝日カレンダー2020年 完全版 (各州カバー)

各国と比べても非常に多いマレーシアの祝日。その理由とは?最新版の全国祝日リストもダウンロードできます。

Highway and condominiums

【マレーシア】条件付き活動制限令 (CMCO) とは? (2020年11月施行)

当ブログではこれまで現地の情報について「【新型コロナ (COVID-19)】マレーシアの感染状況は?」などの記事を随時更新してお伝えしていますが、マレーシアで感染の第3波が始まったことに伴い一旦は終了 …

マレーシア英語に慣れよう ―その1「Can」

Contents1 マレーシア英語って何?2 「Can (キャン)」の使い分け2.1 「Can」はそれだけで意味が成立する2.2 「Can」の回数に注目しよう2.3 質問も「Can」3 「Cannot …

【マレーシア】在住外国人から見たラマダーン (断食月)

Contents1 ラマダーン (ラマダン) とは?2 イスラム教徒以外には関係ない?2.1 マナー1:飲食しているところを見せつけない2.2 マナー2:断食明けの時間に気を付ける3 断食月に困る事3 …

このブログについて

東南アジアに住む筆者が、コーヒーにまつわるコラムをはじめ、コーヒー文化と地元情報を現地から発信していきます。

地球はコーヒーで回ってる O.M.C. - にほんブログ村

TSUTAYA TV


管理人: Gaku

40代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。