-Oh My Coffee- 海外から現地情報と世界のコーヒー文化を発信

マレーシア地元情報

【KLニュース】「学生の靴は黒に指定」→「あと靴下もね」―ただし施行は2021年から

投稿日:2018年12月3日 更新日:


2021年より、全国の公立中等学校における学生靴の色を黒に指定すると数か月前に発表したマレーシア政府。先日、「ソックスも黒にすること」との追加情報が発表されました。ただし、移行期間として2020年末までは現在許可されている靴やソックスを使用してもよいとのこと。

ちなみに今学生が履いている靴と靴下の色というのが

現状の靴&靴下はちょうどこんな感じ (写真はイメージです)

なぜいきなり白から黒という正反対の色に決定したのか。これまでの説明によると「白だと汚れが目立つ」というのが理由だそうですが、そんなものは汚れにくい素材なり表面加工なりを使えば解決するんじゃないかと単純に思ってしまいます。ただし、マレーシアの低所得世帯にとっては靴一足といえども購入がそれなりの金銭的負担となるというのは事実でしょうし、防汚加工された靴だと通常よりコストが高くなるなど問題もあるのかもしれません。

今回靴に加えてソックスも黒と指定された背景には、「黒の靴には黒のソックスの方がマッチする」とか「黒の靴に白いソックスをはいていると、靴の色で染まって汚く見える」といった声があるとのこと。ただ、別に黒い靴に白いソックスでも学生として見た目は悪くないと思いますし、靴下に色移りするというのもどちらかというと靴自体の品質問題のような気がしないこともなく、まあとにかく何か変えたかったんだろうなという印象が強く残るニュースでした。

[参考資料]
(2018, December 1). Students to wear black shoes and socks by 2021. The Star, p. 2.

 

 


スポンサーリンク

Tailored coffee

TAILORED CAFE Online Store

Tailored coffee

TAILORED CAFE Online Store

-マレーシア地元情報
-

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Outdoor water tap

【マレーシア】2020年10月 首都圏でまた断水―30万世帯に影響

by Jan Vašek on Pixabay 先月 (2020年9月) 首都圏クランバレー一帯に影響を及ぼした大規模断水があったばかりですが、再び首都圏で水源の汚染による断水が起こりました。 断水の …

【マレーシア】2019年1月より全国の飲食店で禁煙法令が施行

日本は喫煙ブースなど分煙が進んだ国ではありますが、世界的に見ると受動喫煙は確実に健康被害を与えるものと認識されており、屋内の公共の場所では分煙ではなく完全禁煙をという流れは非常に強くなっています。そん …

【新型コロナ (COVID-19)】マレーシアにおける活動制限令 (MCO) と今後の見通し

クアラルンプール市内 by Matt Stabile on flickr 当ブログでは「【新型コロナ (COVID-19)】マレーシアの感染状況は?」と「【新型コロナ (COVID-19)】マレーシア …

Malaysia white coffee

ホワイトコーヒーと普通のコーヒーの違いって何?⇒色じゃなかった

トラベルガイドを見ると、必ずと言っていいほど「マレーシアに行ったらぜひ飲みたい」といったキャッチフレーズと共に紹介されているホワイトコーヒー。その名前の由来は?他のコーヒーと何が違うのでしょうか?意外に深いその歴史をお伝えします。

【マレーシア】ビデオ会議で「Cannot hear. (聞こえない)」と言われたら?

Contents1 ビデオ会議あるある:「聞こえない」2 “Cannot hear.” は本当に「聞こえない」?3 こうなった理由を考えてみた3.1 可能性1:年齢3.2 可能性2:マレーシア英語3. …

このブログについて

東南アジアに住んで19年。知っているとコーヒーがもっと楽しめる豆知識をはじめ、さまざまなコーヒー文化と地元情報を現地から発信しています。

地球はコーヒーで回ってる O.M.C. - にほんブログ村

TAILORED CAFE Online Store


管理人: Gaku

40代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。