-Oh My Coffee- 海外から現地情報と世界のコーヒー文化を発信

マレーシア地元情報

【マレーシア】2020年10月 首都圏でまた断水―30万世帯に影響

投稿日:2020年10月6日 更新日:


Outdoor water tap

by Jan Vašek on Pixabay

先月 (2020年9月) 首都圏クランバレー一帯に影響を及ぼした大規模断水があったばかりですが、再び首都圏で水源の汚染による断水が起こりました。

断水の概要

前回の断水時と同じく、異臭を検出したため首都圏に上水道を供給している浄水施設のうち2か所が10月4日に稼働を停止。今回はペタリン (Petaing)、ウル・ランガット (Hulu Langat)、クアラ・ランガット (Kuala Langat)、およびセパン (Sepang) 地区において、住民約30万世帯が影響を受けています。

動物の死骸のような異臭がしたと言われる今回の汚染源は、取水場周辺の工場ではなくネグリセンビラン州の養鴨場と見られることが当局の調査で判明しました。定期的に水質検査を行って稼働再開のタイミングを図っているものの、まだ異臭が基準値を上回っているためいつ断水から回復するのか具体的な見通しは立っていないようです。

(2020年10月9日:追記) 水道事業者のAir Selangorは、10月9日午前6時までに影響を受けた全地域で断水が解消されたと発表しました。(参考―The Star: “Water supply fully restored in 274 areas, says Air Selangor“)

あきれる市民

大規模断水からわずか一月のうちに再び汚染による断水が起きたことで、住民ももはや怒りを通り越してあきれかえっている姿さえ見られます。断水地区には一応給水車が手配されているものの、報道によれば黄色くて塩素臭が強くそのまま飲食には使えないような水を配っているところもあるとか。新型コロナウイルス (COVID-19) の第2波で感染者が急増している中、長時間並んでようやく手に入れた水がこれだと怒りの声が上がるのも当然でしょう。

断水地区の幾つかは今まさに新型コロナウイルスの感染者が急増しているエリアで、手洗い・うがいなど清潔な水が何にもまして大切な中で断水が起こったというのは非常に悪いタイミングです。当初予想されていたような化学薬品を扱う工場が汚染源ではなかったものの、化学物質であろうが有機物であろうが、汚染物質を自然環境に垂れ流しても滅多に捕まることがないという現状を改善しない限り、今後も同様の断水が発生するのは防げないと思われます。

政府が新型コロナウイルスのリスクを無視してサバ州での選挙を強行した結果として全国に感染が拡大したことで、世論の批判の矛先が政府に向かっているただ中で起きた今回の断水により、市民の政府に対する信頼がさらに失われたことは間違いありません。

地球はコーヒーで回ってる O.M.C. - にほんブログ村

[参考資料]
(2020年10月4日) Pollution in Sg Semenyih: Water disruption, again. New Straits Times. URL: https://www.nst.com.my/news/nation/2020/10/629556/pollution-sg-semenyih-water-disruption-again (参照日:2020年10月6日)

(2020年10月5日) Negri Sembilan duck farm suspected source of Sg Semenyih pollution [NSTTV]. New Straits Times. URL: https://www.nst.com.my/news/nation/2020/10/629707/negri-sembilan-duck-farm-suspected-source-sg-semenyih-pollution-nsttv (参照日:2020年10月6日)


スポンサーリンク

Nomad SIM

Nomad SIM

-マレーシア地元情報
-,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【マレーシア&シンガポール】2020年のヘイズ予想

マレーシアやシンガポール、インドネシアなどの国々では、毎年7月から8月になると今年のヘイズがどれほどの規模になるかが話題に上ります。 では、2020年は現時点でどのような予想となっているのでしょうか? …

【マレーシア】いまだに続く交通違反罰金の『ディスカウント』とは

KL交通警察 © CEphoto, Uwe Aranas Contents1 罰金の割引シーズンを待つ人たち2 駐車違反にはホイールロック→結局中止に3 違反を減らすために必要なこと 罰金の割引シーズ …

【マレーシア】完全版! 2018年の祝日カレンダー

2019年のカレンダーはこちら→「【マレーシア】各州カバー完全版!2019年の祝日カレンダー」 Contents1 マレーシア 2018年 祝日カレンダー2 日本とマレーシアの祝日:日数の違いは?3 …

【マレーシア】在留外国人は免税店でアルコールが買えない?

マレーシアはイスラム教が国教です。飲酒が禁じられているイスラム教徒が全人口の60%を占めているという背景もあり、特に輸入品のアルコール飲料には高額の酒税がかけられています。そのため、日本人をはじめマレ …

【マレーシア】在住外国人から見たラマダーン (断食月)

Contents1 ラマダーン (ラマダン) とは?2 イスラム教徒以外には関係ない?2.1 マナー1:飲食しているところを見せつけない2.2 マナー2:断食明けの時間に気を付ける3 断食月に困る事3 …

このブログについて

東南アジアに住む筆者が、コーヒーにまつわるコラムをはじめ、コーヒー文化と地元情報を現地から発信していきます。

地球はコーヒーで回ってる O.M.C. - にほんブログ村

TSUTAYA TV


管理人: Gaku

40代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。