コーヒー品種ノート

【コーヒー品種】ジャワ (ジャバ) とは?

投稿日:2019年1月17日 更新日:


by Katya Austin on Unsplash

コーヒーの品種ノートです。

ジャワ (Java)

由来:エチオピア在来種
豆のサイズ:大きい
収穫量:やや少ない
風味の質:とても良い
初回収穫:3年目
さび病:耐性あり
炭疽病:耐性あり
線虫:耐性低い
栽培適正標高:

北緯5度~南緯5度:1,600m

北緯/南緯5度~15度:1,300m

北緯/南緯15度以上:1,000m

ジャワの歴史

ジャワ (ジャバと表記されることもある) の起源は古く1800年代にまでさかのぼります。その名からも分かる通り、現在のインドネシア・ジャワ島に当時植民地として支配していたオランダ人がエチオピアから持ち込んだ品種が始まりだと言われています。以前はティピカ系の品種だと考えられていましたが、DNAの分析による最新の研究ではジャワがエチオピア在来種を由来としていることが判明しています。

その後長らくジャワ島で生育していたこの品種は、20世紀中頃になって今度はアフリカのカメルーンに持ち込まれ、そこで同品種が持つ炭疽病 (CBD) への耐性が注目されます。以来20年以上にわたって研究機関による選別が行われた後、1980年代に入りカメルーン国内でジャワの商業生産が開始されます。90年代初めにはフランス国際農業開発研究センター (CIRAD) によりジャワは中米コスタリカへと伝えられたものの、ごく最近になってようやくパナマで導入されるまで中央アメリカの他の国々には浸透しませんでした。

今のところそれほど広範囲では栽培されていない品種ですが、ジャワは炭疽病に加えてさび病への耐性もあり、また小規模農園で栽培するのに適した生育特性を持つことから、今後少しずつ生産者の需要が高まっていくのではないかと思われます。

スポンサーリンク

ビジュアルスペシャルティコーヒー大事典普及版 [ ジェームズ・ホフマン ]

[参考資料]
World Coffee Research (2016) 「COFFEE VARIETIES of Mesoamerica and the Caribbean」, URL: https://worldcoffeeresearch.org/media/documents/Coffee_Varieties_of_Mesoamerica_and_the_Caribbean_20160609.pdf (参照日:2018年3月15日)


スポンサーリンク

NOZOMI Wi-Fi

NOZOMI Wi-Fi

-コーヒー品種ノート
-, ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【コーヒー品種】マラゴジッペとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 マラゴジッペ (Maragogipe) 由来: ティピカの突然変異種 豆のサイズ: 非常に大きい 収穫量: とても少 …

【コーヒー品種】シドラとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 シドラ (Sidra) 由来: ティピカとレッドブルボンの交配種 豆のサイズ: N/A 収穫量: N/A 風味の質: …

【コーヒー品種】ティピカとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 ティピカ (Typica) 由来: エチオピア―イエメン原種 豆のサイズ: 大きい 収穫量: 少ない 風味の質: と …

【コーヒー品種】カトゥアイ (カツアイ) とは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 カトゥアイ (Catuai) 由来: カトゥーラとムンド・ノーボの人工交配種 豆のサイズ: 平均的 収穫量: やや少 …

【コーヒー品種】スターマヤとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 スターマヤ (Starmaya) 由来: マルセレサとエチオピア&スーダン在来種の人工交配種 豆のサイズ: 大きい …

このブログについて

東南アジアに住む筆者が、コーヒーコラムやテイスティングノート、また競技会や展示会等のイベントなど、コーヒー文化と地元の情報を現地から発信していきます。


管理人: Gaku

30代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。