コーヒー品種ノート

【コーヒー品種】マルセレサとは?

投稿日:2019年2月27日 更新日:


by Katya Austin on Unsplash

コーヒーの品種ノートです。

マルセレサ (Marsellesa)

由来:ティモール・ハイブリッドとビジャサルチの人工交配種
豆のサイズ:やや小さい
収穫量:多い
風味の質:良好
初回収穫:3年目
さび病:耐性高い
炭疽病:耐性あり
線虫:耐性低い
栽培適正標高:

北緯5度~南緯5度:1,000~1,600m

北緯/南緯5度~15度:700~1,300m

北緯/南緯15度以上:400~1,000m

マルセレサの歴史

マルセレサは、品種系統としてはサルチモールの一種になります。サルチモールの代表的な品種T5296と比較すると、交配の元となったティモール・ハイブリッドとビジャサルチは同じですが、商業生産に乗るまでの道のりが少し異なります。

スポンサーリンク

T5296が中米コスタリカで開発されて各地へ広まったのに対し、マルセレサは隣国ニカラグアでの研究を経た後に栽培されるようになりました。マルセレサもT5296と同様、ポルトガルのさび病研究所 (CIFC) が試験生産を目的として1970年代初めに各研究機関に送ったサルチモールの品種 (H361) をベースにしています。この時、ニカラグアではフランス国際農業開発研究センター (CIRAD) と世界3大コーヒー商社の一つであるECOMによって研究・選別が進められ、最終的にマルセレサと名づけられる品種が開発されました。

流通量が限られているのであまり目にする機会はないマルセレサですが、この品種の特長は何といっても親であるティモール・ハイブリッド譲りのさび病への高い耐性です。現代のコーヒー生産におけるさび病の脅威について詳しくは、品種ノート「サルチモール」をご覧ください。

[参考資料]
World Coffee Research (2016) 「COFFEE VARIETIES of Mesoamerica and the Caribbean」, URL: https://worldcoffeeresearch.org/media/documents/Coffee_Varieties_of_Mesoamerica_and_the_Caribbean_20160609.pdf (参照日:2018年3月15日)


スポンサーリンク

ITフリーランス

ITフリーランス

-コーヒー品種ノート
-, ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Coffee cherry

【コーヒー品種】ムンド・ノーボとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 ムンド・ノーボ (Mundo Novo) 由来: ティピカとブルボンの自然交配種 豆のサイズ: やや小さい 収穫量: …

Coffee cherry

【コーヒー品種】パカマラとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 パカマラ (Pacamara) 由来: パカスとマラゴジッペの人工交配種 豆のサイズ: 非常に大きい 収穫量: 良好 …

Coffee cherry

【コーヒー品種】H3とは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 H3 由来: カトゥーラとエチオピア在来種系E531の人工交配種 豆のサイズ: 大きい 収穫量: 多い 風味の質: …

Coffee cherry

【コーヒー品種】カトゥーラ (カツーラ) とは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 カトゥーラ (Caturra) 由来: ブルボンの突然変異種 豆のサイズ: 平均的 収穫量: 良好 風味の質: 良い …

Coffee cherry

【コーヒー品種】セントロアメリカーノとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 セントロアメリカーノ (Centroamericano / H1) 由来: サルチモール (T5296) とルメ・ス …

このブログについて

東南アジアに住む筆者が、コーヒーコラムやテイスティングノート、また競技会や展示会等のイベントなど、コーヒー文化と地元の情報を現地から発信していきます。


管理人: Gaku

30代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。