-Oh My Coffee- 海外から現地情報と世界のコーヒー文化を発信

アルバム

【東南アジア絶品グルメ】カオラウ (ベトナム)

投稿日:2019年1月18日 更新日:


by Gaku.Y

カオラウ (Cao Lau)
ホイアン風 汁なし麺

ベトナム/クアンナム省

ベトナム中部に位置する世界遺産の街ホイアン名物の一つとなっている麺料理。16世紀から17世紀初頭にかけ朱印船貿易で日本人町があったという歴史的背景もあり、よく日本のガイドブックには「カオラウのルーツは日本の伊勢うどんだ」などと書かれているが、実はそう断定できるほどカオラウの由来ははっきりしているわけではない。

確かに麺の太い見た目は伊勢うどんに似ているし濃い目の醤油だれに絡めて食べる点など共通点もあるのは事実だが、タレを絡ませて食べる汁なし麺自体は東南アジアにおいてよく見られる食べ方である。また米粉にアルカリ性であるホイアンの井戸水 (現在はかん水も使用) を使って作るカオラウの麺はしっかりとしたコシがあり、ふわふわもちもちした伊勢うどんの食感とは異なる。かん水を使用した麺の製法は元々古代の中国南方地域を発祥とすることから、カオラウの起源は中国ではないかという説もあるようだ。

国際貿易港として繁栄したため洋の東西の異文化が絶妙に融合しているホイアンという街の成り立ちを見ると、カオラウが生まれた背景に日本の商人たちの影響は少なからずあったであろうと思うし、またそこに中国の食文化が取り入れられたとしても何ら不思議ではない。麺の上にのせられているチャーシューは、やはり中華圏の影響だろう。

由来がどうであれ、世界各国の観光客で溢れる通りを見ながらカオラウを味わうと、初めて食べる料理なのにどこか懐かしい不思議な感覚を抱くだろう。そうさせるのがタレの味なのか、麺なのか、それともホイアンという街だからか、理由は分からない。だが、日本人がふと郷愁を覚える味がカオラウに息づいていると感じるのは私だけではないと思う。機会があれば是非試して頂きたい一品である。

地球はコーヒーで回ってる O.M.C. - にほんブログ村

スポンサーリンク

(2019年2月4日:テキスト修正)


スポンサーリンク

uma

uma

-アルバム
-, ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【東南アジア絶品グルメ】トムセープ (タイ)

by Gaku.Y トムセープ (Tom Saep) タイ東北風 スープ タイ/チェンマイ県 「タイ料理といえば?」と尋ねると、大抵の日本人が名前を挙げるのが“世界三大スープ”とも言われる「トムヤムク …

Northern Thai curry noodle

【東南アジア絶品グルメ】カオソーイ (タイ)

カオソーイ (Khao Soi) 北タイ風 カレー麺 タイ/チェンマイ県 スパイスの利いたカレースープとパリパリに揚げられたエッグヌードルが特徴の、北タイを中心に味わえる麺料理。元々これと似たような料 …

【美しき東南アジア】キャメロンハイランド

Cameron Highlands キャメロン ハイランド マレーシア / パハン州 首都クアラルンプールから北へ約150kmに位置する、イギリス統治時代に開発された高原地帯 キャメロンハイランド。熱 …

【東南アジア絶品グルメ】ジョーク (タイ)

by Gaku.Y ジョーク (Jok) タイ風 お粥 タイ/メーホンソン県 日本でお粥というと、脳裏に浮かぶのは白がゆに梅干しや塩昆布が載っている類のもので、どちらかといえば病人や胃腸が弱っている時 …

Dry wanton noodle

【東南アジア絶品グルメ】ワンタンミー (マレーシア)

ワンタンミー (Wanton Mee) マレーシア風 中華麺 ペタリンジャヤ/セランゴール州 一応マレーシア料理のカテゴリ―に入れたものの、こうした中華系の一品というのは“広東”や“福建”、“客家”と …

このブログについて

東南アジアに住んで18年。知っているとコーヒーがもっと楽しめる豆知識をはじめ、さまざまなコーヒー文化と地元情報を現地から発信しています。

地球はコーヒーで回ってる O.M.C. - にほんブログ村

TAILORED CAFE Online Store


管理人: Gaku

40代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。