-Oh My Coffee- 海外から現地情報と世界のコーヒー文化を発信

コーヒー品種ノート

【コーヒー品種】ビジャサルチとは?

投稿日:2019年1月7日 更新日:


by Katya Austin on Unsplash

コーヒーの品種ノートです。

ビジャサルチ (Villa Sarchi)

由来:ブルボンの突然変異種
豆のサイズ:小さい
収穫量:良好
風味の質:良い
初回収穫:3年目
さび病:耐性低い
炭疽病:耐性低い
線虫:耐性低い
栽培適正標高:

北緯5度~南緯5度:1,600m

北緯/南緯5度~15度:1,300m

北緯/南緯15度以上:1,000m

ビジャサルチの歴史

ビジャサルチはブルボンが突然変異し矮小化 (小型化) した品種です。正確な情報が残っていないものの、その名前の由来となったコスタリカの首都サン・ホセにほど近いアラフエラ州北西部の町サルチで、1950年代から60年代にかけて発見されたと言われています。その後、研究機関によりさらなる選別が行われ主にコスタリカ国内で栽培されるようになりました。とりわけ標高の高い土地での栽培に順応することで知られており、標高が上がるにつれて問題となる強風にも耐える性質を持っています。

良好な風味特性を持つものの単一品種として広く栽培されるには至らなかったビジャサルチですが、1960年代後半にティモール・ハイブリッドとの交配により誕生したサルチモール (T5296) は後に中南米各地で生産されるようになり、受け継がれた品種名の一部「サルチ」がその由来を今でもしっかりと主張しています。

スポンサーリンク


World Coffee Research (2016) 「COFFEE VARIETIES of Mesoamerica and the Caribbean」, URL: https://worldcoffeeresearch.org/media/documents/Coffee_Varieties_of_Mesoamerica_and_the_Caribbean_20160609.pdf (参照日:2018年3月15日)


スポンサーリンク

Nomad SIM

Nomad SIM

-コーヒー品種ノート
-, ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Coffee cherry

【コーヒー品種】サルチモールとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 サルチモール (Sarchimor) 由来: ビジャサルチとティモール・ハイブリッドの人工交配種 豆のサイズ: 大き …

Coffee cherry

【コーヒー品種】カティモールとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 カティモール 由来: カトゥーラとティモール・ハイブリッドの人工交配種 豆のサイズ: やや小さい 収穫量: 多い 風 …

Coffee cherry

【コーヒー品種】バティアンとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 バティアン (Batian) 由来: SL-28、SL-34、ルメ・スーダン、N39、K7、SL-4、ティモール・ハ …

Coffee cherry

【コーヒー品種】セントロアメリカーノとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 セントロアメリカーノ (Centroamericano / H1) 由来: サルチモール (T5296) とルメ・ス …

Coffee cherry

【コーヒー品種】カトゥアイ (カツアイ) とは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 カトゥアイ (Catuai) 由来: カトゥーラとムンドノーボの人工交配種 豆のサイズ: 平均的 収穫量: やや少な …

このブログについて

東南アジアに住む筆者が、コーヒーにまつわるコラムをはじめ、コーヒー文化と地元情報を現地から発信していきます。

地球はコーヒーで回ってる O.M.C. - にほんブログ村

TSUTAYA TV


管理人: Gaku

40代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。