-Oh My Coffee- 海外から現地情報と世界のコーヒー文化を発信

コーヒー品種ノート

【コーヒー品種】SL-14とは?

投稿日:2018年8月29日 更新日:


by Katya Austin on Unsplash

コーヒーの品種ノートです。

SL-14

由来:ティピカの突然変異種
豆のサイズ:平均的
収穫量:良好
風味の質:良い
初回収穫:3年目
さび病:耐性低い
炭疽病:耐性低い
線虫:耐性低い
栽培適正標高:

北緯5度~南緯5度:1,200m以上

北緯/南緯5度~15度:900m以上

北緯/南緯15度以上:700m以上

SL-14の歴史

1930年代後半、ケニアの「スコット農業研究所 (Scott Agricultural Laboratories)」によって選別された品種が「SL」というコードをつけてカタログ化されました。
(「SL」について、詳しくはSL-28の品種ノートをご参照ください。)

スポンサーリンク



SL-14については、1936年にスコット研究所にて一本の乾燥耐性種の木 (D.R. II) から選別されたということは分かっていますが、記録が残っていないためこの元になった木の正確な由来については判明していません。ただし、最近の研究で遺伝子解析が行われた結果、SL-14がティピカ種に起源を持つことが確認されています。

SL-14乾燥耐性ならびに低温耐性を備えており良好な風味に加えて収穫量も良いことから、現在ではケニアやウガンダなどの国で広く栽培される品種となっています。

[参考資料]
World Coffee Research (2016). 「COFFEE VARIETIES of Mesoamerica and the Caribbean」, URL: https://worldcoffeeresearch.org/media/documents/Coffee_Varieties_of_Mesoamerica_and_the_Caribbean_20160609.pdf (参照日:2018年3月15日)


スポンサーリンク

Tailored coffee

TAILORED CAFE Online Store

Tailored coffee

TAILORED CAFE Online Store

-コーヒー品種ノート
-, ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Coffee cherry

【コーヒー品種】マラゴジッペとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 マラゴジッペ (Maragogipe) 由来: ティピカの突然変異種 豆のサイズ: 非常に大きい 収穫量: とても少 …

Coffee cherry

【コーヒー品種】ゲイシャとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 ゲイシャ (Geisha) 由来: エチオピア在来種 豆のサイズ: やや小さい 収穫量: やや少ない 風味の質: 素 …

Coffee cherry

【コーヒー品種】ブルボンとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 ブルボン (Bourbon) 由来: イエメン原種 豆のサイズ: やや小さい 収穫量: やや少ない 風味の質: とて …

Coffee cherry

【コーヒー品種】パカスとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 パカス (Pacas) 由来: ブルボンの突然変異種 豆のサイズ: やや小さい 収穫量: 良好 風味の質: 良い 初 …

Coffee cherry

【コーヒー品種】SL-34とは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 SL-34 由来: ティピカの突然変異種 豆のサイズ: 大きい 収穫量: 多い 風味の質: 素晴らしく良い 初回収穫 …

このブログについて

東南アジアに住んで18年。知っているとコーヒーがもっと楽しめる豆知識をはじめ、さまざまなコーヒー文化と地元情報を現地から発信しています。

地球はコーヒーで回ってる O.M.C. - にほんブログ村

TAILORED CAFE Online Store


管理人: Gaku

40代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。