マレーシア地元情報

【マレーシア】完全版! 2018年の祝日カレンダー

投稿日:2018年1月4日 更新日:


マレーシア 2018年 祝日カレンダー

個人用としてご自由にお使い下さい。(表をクリックすると高解像度のPDF版をダウンロードできます。)
※ ただし、不特定多数への配布や無断転載・直リンクは禁止とさせて頂きますのでご了承ください。

(クリックして高解像度PDF版をダウンロード)

スポンサーリンク
一時帰国の際も手軽に使えるモバイルWi-Fi!!

日本とマレーシアの祝日:日数の違いは?

毎年、どこがうまく大型連休になりそうかカレンダーをチェックする方は少なくないことでしょう。2018年度、日本では「国民の祝日」が年間16日+日曜の振替休日が4日となっています。土日は元々休日という計算だと、平日に追加の休みが13日あることになります。

では、マレーシアはどうでしょうか?

何と、カレンダーによると2018年は祝日が48日振替休日が7日もあるのです。この数字だけ見ると「一体マレーシアって国はどうなってるんだ!?」と思われるかもしれません。しかしこうした背景には、日本とは異なる国の事情が関係しています。

スポンサーリンク

マレーシアの祝日がビックリするほど多い理由とは?

マレーシアを構成する民族を大きく分けると、先住民等を含むマレー系が約67%中国系が約25%、そしてインド系が約7%となっています。また宗教に関しては、イスラム教が61%仏教が20%キリスト教が9%ヒンドゥー教が6%儒教・道教が1%と推定されており、マレーシアはさまざまな背景からなる多民族・多宗教国家だということが分かります。
(統計は外務省ホームページに掲載されている国別基礎データを参照)

現在の日本では、元日や春分・秋分の日のように元は宗教的な意味合いがあった日もありますが、公式には直接宗教行事に関係した祝日というのはありません。しかし他の多くの国では、国民に広く信仰されている宗教に関係する祝祭日があります。

マレーシアの場合、そこに祝日が多くなる理由があります。先に述べたように、マレーシアは世界の宗教トップ4 (キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教) の信者がまとまった数で存在しています。新年だけとっても、西暦新年、中国新年 (旧正月)、イスラム新年、ヒンドゥー新年と複数存在し、それらすべてが祝日となっているのです。これに各宗教ごとの行事に関係した祝日 (断食月、クリスマス、釈迦誕生日など) を加えていくと、さらに休日が増えることになります。

また、マレーシアでは州ごとに決められた祝日もあります。全部で13ある州を治めるそれぞれの首長 (スルタン、または知事) の誕生日はすべて祝日ですし、その他にも特定の州でのみ設けられている記念日や宗教行事などの祝日もあります。さらに、総選挙の実施日やスポーツの国際大会でマレーシアが優勝した翌日など、追加で国民の休日が設定されることもあります。これらを全部合わせると、全体で年間48日 (2018年の場合) というとんでもない祝日の数になってしまうのです。

(追記:2018年5月14日)
5月10日・11日の両日を休日とし、週末も合わせると選挙後4日間の連休となったことには、一部で予想されていた対立政党の支持者による暴動や突発的な衝突の可能性を減らし、さらに金融機関が休みになることで急激な資金の流出・パニック売りなどを防いで為替や株価の変動を最小限に抑える効果があったと分析する識者もいます。老練な政治家としてのマハティール首相の手腕と経験を考えると、今回特別に設けられた2日間の休日というのは、スムーズな政権移行と金融市場の安定を考えた上で打たれた重要な一手だったのかもしれません。

そんなわけで、どこで働いているか (または通学しているか) によって、「夫の職場は明日祝日だけど、子供の学校は通常通り」とか、「うちの会社は今日いつも通りだけど、取引銀行のある州は祝日で閉まっている」といったことがマレーシアでは普通に起こります。また、宗教行事にまつわる祝日の中には、暦の関係でどの日になるのか中々確定しないこともあります。ですから、マレーシアに住んでいる人は外国人も含めて、いつが休日なのかをニュースやカレンダーで常日頃からしっかりとチェックする習慣が大切なのです。

(2018年1月5日:レイアウト変更)
(2018年4月26日:テキスト追加)
(2018年5月10日:カレンダー更新、テキスト修正)


スポンサーリンク

東急ハンズ

東急ハンズ

-マレーシア地元情報
-, ,

執筆者:


  1. kokonats より:

    詳細にまとめていただきありがとうございます。非常に参考になりました。

    • Gaku より:

      kokonats 様、お読み頂きありがとうございます。
      マレーシアでの暮らしに活用して頂ければ何よりです。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【マレーシア】ハーフボイルドエッグは半熟卵とどう違う?

マレーシアのコピティアムで、注文するとなぜか2枚重ねのお皿に載せられてくるゆで卵。このお皿は一体何に使うの?
ハーフボイルドエッグを注文する時のポイントもお伝えします。

【マレーシア】外国人名義の車両登録&免許更新費用を一気に引き上げ

以前の記事でも書いたように、マレーシアでは在住外国人にとって厳しい制度改正等が増えてきています。先日もまた一つそのような法改正が発表されました。 外国人名義の車両登録&免許更新 これは日本で言う自動車 …

コピ

焙煎方法が独特だった…マレーシアのコーヒー

「こんなのはコーヒーじゃない」と文句を言う人もいるほど、私たちの知っているコーヒーとは違った存在感を持つマレーシアのコーヒー「コピ」。濃くて甘くて香ばしい、独特の風味はどうやって生まれるのでしょうか?

【マレーシア】在留外国人は免税店でアルコールが買えない?

マレーシアはイスラム教が国教です。飲酒が禁じられているイスラム教徒が全人口の60%を占めているという背景もあり、特に輸入品のアルコール飲料には高額の酒税がかけられています。そのため、日本人をはじめマレ …

【マレーシア】駐車料金の払い方 (DBKL編)

車社会のマレーシアで、ほぼ毎日接することになるのが駐車料金の支払いです。 ショッピングモールなど大型商業施設にはたいてい自前の駐車場がありますから、入り口で受け取ったチケットを精算機や窓口で支払う、ま …

このブログについて

東南アジアに住む筆者が、コーヒーコラムやテイスティングノート、また競技会や展示会等のイベントなど、コーヒー文化と地元の情報を現地から発信していきます。


管理人: Gaku

30代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。