イベント情報

【中国】イベント:Pu’er International Specialty Coffee Expo 2018

投稿日:2017年11月30日 更新日:


中国でのコーヒーイベント情報です。

Pu’er International Specialty Coffee Expo 2018

<イベントの概要>

2018年1月29日から31日まで、中国雲南省のプーアル (普洱) にて第1回 プーアル国際スペシャルティコーヒー・エキスポ 2018 (Pu’er International Specialty Coffee Expo 2018) が開かれます。

《中国におけるコーヒー生産事情》

世界的なトレンドにもれず、ここ最近コーヒーの消費量が大きな伸びを見せている中国。しかし意外かもしれませんが、中国は消費国としてだけではなく生産国としてもコーヒー市場において存在感を高めてきています

中国に初めてコーヒーを持ち込んだのは、19世紀後半のフランス人の宣教師だと言われています。しかし、1988年に国連開発計画 (UNDP) と世界銀行による援助を受けて中国政府が主導したプロジェクトまで、大規模な商業生産は行われていませんでした。その後中国のコーヒー生産量は、1994年から2004年までの10年間に21%、さらに2004年から2014年までの10年間も21%と堅調な増加が見られています。

中国国内でコーヒーの生産を行っているのは、プーアル茶やウーロン茶など茶葉の生産でも知られる雲南省福建省、そして海南島です。ただし、福建省と海南島で栽培されているのはロブスタ種で、中国全体のコーヒー生産量の5%程度だと見られています。アラビカ種をメインに何と国内生産の95%を担っているのが、今回のコーヒー・エキスポの開催地でもある雲南省なのです。

雲南省の山なみ

雲南省はベトナム、ラオス、ミャンマーの3か国と国境を接しており、標高が平均2,000mを超える高原地帯が広がっています。ただし、コーヒーの生産が行われているのは南部地域 (北緯約23度の北回帰線より南側) のみで、コーヒーの生育にとって致命的な霜が発生する北部地域ではほとんど生産されていないとのこと。ちなみに、多くの農園がさび病に強く収穫量も多いカティモールという品種を栽培しています。

この雲南省の中でも、山岳地帯が連なるプーアル市とその周辺地域は、コーヒー生産の中心地として近年急成長を見せています。現在のところ、作られているのは主に一般的なコマーシャルグレードのコーヒーですが、近年の世界的なコーヒー消費の需要と傾向を考えると、今後はより高い品質のスペシャルティコーヒーへと生産がシフトしていくのは自然な流れだと言えます。中国産スペシャルティコーヒーを生産するための高い品質管理とトレーニング基準を設定するにあたり、アメリカ・スペシャルティコーヒー協会 (SCAA) のサポートを受けていることからも、関係者の本気度がうかがえます。今後の展開が非常に楽しみです。

今回のフォーラムにおいては、コーヒー業界の経験豊富なスペシャリストによるプレゼンが予定されています。
(以下はその一部)

Mr. José Dauster Sette (International Coffee Organization (ICO), 執行取締役 / イギリス)
Mr. Ric Rhinehart (アメリカ・スペシャルティコーヒー協会 (SCAA), 執行取締役 / アメリカ)
Mr. David Roche (Coffee Quality Institute (CQI), 執行取締役 / アメリカ)
Mr. Ted Lingle (Yunnan International Coffee Exchange, 相談役 / 中国)

中国最大を誇るプーアル一帯におけるコーヒーの生産量は、今や国内生産全体の50%近くに達するとも言われており、今後の世界のコーヒー市場にも影響を与えるポテンシャルを持つことから大きな注目を集めています

そんな中で行われる「プーアル国際スペシャルティコーヒー・エキスポ」は、中国産コーヒーを業界関係者にアピールするとともに、生産、品質管理、サステイナビリティ、価格設定、販売戦略、焙煎、店舗経営など、コーヒーに関わるさまざまな分野についての意見交換の場としても期待されています。またフォーラム終了後2日間にわたり、限定60名で周辺地域の農園や精製所などを巡るツアーも企画されている (別途費用*) ということで、興味のある方にとってはこれも貴重な機会となりそうです。

 

 

<イベントの詳細>

日時: フォーラム 2018年1月29~31日(月~水)
    農園ツアー 2018年2月1~2日 (木~金)
場所: Pu’er Grand Theatre, Pu’er City, Yunnan Province, China
参加費用: US 400ドル (現地での食費・移動費込)
*農園ツアー費用: US 100ドル

主催: Yunnan International Coffee Exchange

<お問い合わせ>
Yunnan International Coffee Exchange
公式サイト: www.eventbrite.com/e/1st-puer-international-specialty-coffee-expo-2018-registration-38118450311

会場周辺地図

[参考資料]
(2016年9月28日), Commercial to Specialty: China as a Growing Coffee Origin. Perfect Daily Grind, URL: https://www.perfectdailygrind.com/2016/09/nestle-specialty-china-growing-coffee-origin/ (参照日:2017年11月29日)

<スポンサーリンク>

雲南 中国語・昆明語 (ここ以外のどこかへ! 旅の指さし会話帳) [ 中村明弘 ]


スポンサーリンク

ITフリーランス

ITフリーランス

-イベント情報
-, ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【ベトナム】イベント:Vietnam Int’l Cafe Show 2018

by Clem Onojeghuo on Unsplash ベトナムでのコーヒーイベント情報です。 Vietnam Int’l Cafe Show 2018 (Cafe Show Viet …

エスプレッソマシン

【マレーシア】イベント:Café Malaysia 2018

by Crew on Unsplash マレーシアでのコーヒーイベント情報です。 Café Malaysia 2018: The 4th International Café Equipment Su …

【シンガポール】イベント:Café Asia 2018 / ICT Industry Expo 2018

シンガポールでのコーヒーイベント情報です。 Café Asia 2018 / International Coffee & Tea Industry Expo 2018 Contents1 < …

【ベトナム】イベント:Asia International Coffee Conference (AICC) 2017

ベトナムでのコーヒーイベント情報です。 Asia International Coffee Conference (AICC) 2017 <イベントの概要> 2017年12月5日から7日まで、ベトナム …

【マレーシア】イベント:2019 Borneo Coffee Symposium

ボルネオのジャングル マレーシアでのコーヒーイベント情報です。 2019 Borneo Coffee Symposium Contents1 <マレーシアのコーヒー生産事情>2 <ボルネオ・コーヒーシ …

このブログについて

東南アジアに住む筆者が、コーヒーコラムやテイスティングノート、また競技会や展示会等のイベントなど、コーヒー文化と地元の情報を現地から発信していきます。


管理人: Gaku

30代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。