タイ地元情報

【タイ】チェンマイで今話題!とっても『アート』なオーガニックフード

投稿日:2019年2月6日 更新日:


オーガニックフードの最新トレンド

みなさんは「オーガニックフード」と聞くと、どのようなものを想像されるでしょうか。

日本の消費者の場合、オーガニックフードを購入するのは「体にいいから」とか「安全だから」というのが主な理由を占めており、健康志向でない限りそれほど興味を持たない方も少なくありません。(かくいう私もその一人です) しかし、“ハーブ天国”としても知られる東南アジアのタイでは、今オーガニックフードが「すごく美味しそう」とか「見た目がキレイ」といった理由で若者を含め大人気なのです。

日本のフードバイヤーも今非常に注目しているというタイのオーガニックフード。生野菜やハーブなどをてんこ盛りで食べることも多いタイ北部の古都チェンマイのマーケットで、その理由が納得できるこんな素敵なものを見つけました。

スポンサーリンク
太陽の恵みをたっぷりと浴びて育った高知の“濃い”野菜をぜひ!

2019年2月7日放送のNHK「世界はほしいモノにあふれてる▽カラフル!五感で楽しむオーガニックフード タイ」で、この記事で扱っているお店が特集されました!

チェンマイの市場で大人気のオーガニックフードとは

まさにアートな盛り付け by Yuka.Y

上の写真は一瞬フラワーアレンジメントのようにも見えますが、これはれっきとした食べ物です。玄米にレモングラスなど数種類のハーブ、食用花、もやし、ゆで卵などが入っており、ちょっとしたお弁当のようなサラダなのです。野菜や花を絶妙にアレンジしたカラフルな色使いによる見た目の美しさに、お客さんが吸い寄せられるように集まっていました。

食べる際には、ここにローストしたココナッツとエビをそれぞれ砕いたものと唐辛子をふりかけ、さらに自家製ドレッシングを回しかけて頂きます。さて、気になるそのお味とは?

スポンサーリンク

チェンマイへ 北タイごはんと古都あるき (旅のヒントBOOK) [ 岡本麻里 ]

まず、何といっても香りが素晴らしい。絶妙なハーモニーの各種ハーブの鮮烈な風味が口から鼻にかけて弾ける感じとでも言いましょうか。少し甘みのあるドレッシングがそれらをうまくまとめており、一つの味だけが尖ったところがないのでハーブがいっぱい入っていても食べやすく仕上げてあります。

さらに、モチモチした玄米にカリカリのココナッツ、サクサクしたもやしにプリプリのゆで卵、そして存在感のあるレモングラスなど、食材一つ一つの異なる食感を噛むごとに楽しめます。また、エビから出るうま味とコクが口中に広がったところに、ライムの爽やかな酸味と唐辛子のスパイシーさがアクセントとして効いており「オーガニックフードはあまり美味しくない」という今までの先入観が吹き飛びました。

そして、花と野菜が織りなす鮮やかな色のコントラストは、言うまでもなくパッと目に映える美しさがあります。とにかく五感すべてを使って楽しめる料理だと言えるでしょう。(じゃあ聴覚は何だと言うと…まあ細かい事はナシということで)  やはり、オーガニックフードも美味しくないとダメと改めて思った次第です。

タイに行ったことのある方ならご存知かと思いますが、タイ人は料理やインテリアにやたらと美的センスを発揮しまくるのが特徴(?)で、普通の大衆食堂みたいなところでも凝ったカービング (ナイフを使った食材の彫刻や装飾) をしてみたり、ちょっと花びらを料理に添えて出してみたりといったことが多々あります。そんなタイでも、オープンマーケットでこれほどハイレベルなオーガニックフードが味わえるところは滅多になく、しかも値段は日本円でたったの約250円 (80バーツ) ということで、地元チェンマイの人はもちろんのことバンコクなど他の地域から来るタイ人にも爆発的な人気を誇っているのです。(InstagramやFacebookなど、タイ人の写真&SNS好きもそれに拍車をかけているのは間違いありませんが)

ちなみにこの一品、見て分かるようにプレゼンテーションには並々ならぬこだわりがあり、なんと花びらを一枚ずつピンセットで丁寧に載せていくなど、作るのに相当時間がかかっています。それでもおじさんは急がず慌てず。この何とも言えないのんびり感がチェンマイらしいですね。

これが有名なおじさん by Yuka.Y

この“おじさん”ことオーナーのウィラートさん (上の写真) は自身のオーガニック農園を持っていて、自慢の食用花や玄米もそこで採れたもの。またリクエストがあれば、オーガニックフードのワークショップも開催しているそうです。(NHKの番組ではこの農園で取材していましたね。)実は農園に併設したウィラートさんのお店「Baan Wasunthara」は、タイ商務省の「Thai SELECT」(厳しい審査を通過した政府公認のタイ料理) 認定も受けており、究極のオーガニックフードを作り出す“ハーブの魔術師としてウィラートさんはタイ全国でその名前を知られています。でもそんな有名人になっても、いつもニコニコしていてとても気さくなおじさんですよ。(→公式Facebookページ「Baan Wasunthara」)

この他にもチェンマイにはオーガニックフードを提供するお店が沢山あり、それぞれにオリジナリティあふれるメニューの数々が楽しめます。オーガニックフードにハマっている方はもちろんのこと、日本ではオーガニックフードにそれほど興味ないという方も、チェンマイに行く機会があればぜひ美味しいオーガニックフードを試してみてください。きっと今まで持っていたイメージが変わると思いますよ。

スポンサーリンク

(2019年2月7日:タイトル修正)
(2019年2月11日:テキスト修正)


スポンサーリンク

ITフリーランス

ITフリーランス

-タイ地元情報
-, ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【タイ】チェンマイのおすすめロースター「Left Hand Roasters」

P’Jaroonのウォッシュド/Photo: by the courtesy of Left Hand Roasters Contents1 チェンマイ拠点のスモールバッチロースター2 地 …

【タイ】人気急上昇中!チェンマイで泊まりたい穴場ホテル

至るところにホテルやゲストハウスがひしめくチェンマイ。そんな中でぜひ泊まってみたい隠れ家的ホテルです。パッケージツアーには載っていない穴場ホテルで、北タイの旅をもっと楽しもう!

【タイ】チェンダオの自然に囲まれたおすすめの「山カフェ」

緑に囲まれた「Chai Café」 by Gaku.Y チェンダオについて 日本人にも観光地として根強い人気を誇る北タイの古都チェンマイ。そのチェンマイ市街から北に延びる国道107号線を1時間半ほど走 …

【タイ】「セーフティーボックスはセーフじゃない」:ホテルあるある その1

近年順調に観光産業が拡大している東南アジア屈指の観光大国タイ。2019年の外国人観光者数は約4,000万人、観光収入が7兆7,000億円にのぼると見込まれています。(参考記事:SankeiBiz 20 …

このブログについて

東南アジアに住む筆者が、コーヒーコラムやテイスティングノート、また競技会や展示会等のイベントなど、コーヒー文化と地元の情報を現地から発信していきます。


管理人: Gaku

30代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。