-Oh My Coffee- 海外から現地情報と世界のコーヒー文化を発信

マレーシア地元情報

【マレーシア】銀行を装った詐欺SMSに気をつけよう

投稿日:


Hacker with laptop

by Shafin Al Asad Protic on Pixabay

中々減らないフィッシング詐欺

銀行を装った詐欺メールやSMSで利用者を偽のサイトに誘導し、不正に得た個人情報を使って預金を引き出すいわゆるフィッシング詐欺

フィッシング詐欺被害の抑制を目的として情報収集や注意喚起をしている「フィッシング対策協議会 (https://www.antiphishing.jp/) によると、2020年11月に同協議会へ寄せられたフィッシング報告件数は30,967件にも上ったことが示されています。

さて、フィッシング詐欺はもちろん日本だけでなく世界中で問題となっており、マレーシアでもあります。

マレーシアのフィッシング詐欺SMSをご紹介

先日、マレーシアのスマホにSMSで送られてきたフィッシング詐欺のメッセージがこちら↓。

RM0.00 [銀行名]: We have blocked your account due to suspicious trxn at PAYPAL for MYR 406 on 04/12. Please verify your account via [http://偽の銀行サイト] to avoid this trxn. This trxn will approve in 24 hours without any verification. Please take note.

英語もところどころおかしいのですが、ざっくり読むと「12月4日にペイパルでRM406の不審な送金取引があったので、口座を凍結しました。送金を取り消すには、こちら [偽の銀行サイト] から口座を認証してください。認証がなければ24時間以内に送金が承認されます。ご注意を」みたいな感じです。

よく読めば何かが怪しいことに気づくはずですが、こういった詐欺メッセージに意外と引っかかりやすい原因がいくつかあります。

原因1:正規の銀行と同じ番号

その一つは、詐欺メッセージが正規の銀行等と同じID (5ケタの番号) から送られてくること。これは送信元のIDを偽装しているためですが、そうなると自分が利用している銀行のメッセージと同じスレッドに詐欺メッセージが表示されてしまうわけです。しかも、文面も本物と似たような体裁にしてあることが多く、うっかりしていると気づかないまま偽サイトのリンクをクリックしてしまう可能性があります。

原因2:時々起こる不正送金

別の原因は、銀行口座からの不正送金やカード詐欺が本当に時々起こることです。筆者も経験したことですが、銀行から電話が来て「あなた今〇〇でこの金額の買い物をしましたか?」と確認されたことがあります。その時は全く違うところにいたため実際に不正取引だったわけですが、銀行は不審な取引を結構しっかりとモニターしているようで、特にオンラインショップなどでは自分が買い物した場合でも確認の電話がすぐ入ることがあります。

また、セキュリティ設定によっては、ATMからお金を引き出したりオンラインで送金する度に自動メッセージでアラートが届きます。そうした環境にあると、「不審な送金があった」というような詐欺メッセージの内容もつい勘違いで信じてしまうことがあるわけです。

原因3:英語のSMS

最後に、英語で書いてあることも原因の一つになります。もしかすると日本語では「何かおかしいぞ・・・」と思うはずのメッセージでも、英語で書いてある場合には疑いを持たないことがあります。これがマレー語や中国語のメッセージだと、(言語を学んでいない限り)ほとんど読めないので逆に引っかからないかもしれませんが、ある程度読めてしまう言語だと思わず信じてしまう危険性が高いでしょう。

スポンサーリンク

引っかからないための対策

いくつかの点を意識しておくだけでも、フィッシング詐欺に引っかかってしまう危険を減らすことができます。

リンクをクリックしない

銀行やオンラインショップなどは絶対にメッセージのリンクを直接クリックせず、ブラウザで自分が登録したブックマークからアクセスする、または正規サイトのアドレスを直接入力するようにしましょう。ツイッターなどでメッセージにあるリンクを気軽にクリックするクセがついているかもしれませんが、知らない人または企業などからのメールやSMSにあるリンクは、できるだけクリックしないよう意識しておくことは大切です。

リンクアドレスをチェックする

また、リンクアドレスをよく見ると大抵は偽サイトに気づくことができます。

例えば、セキュリティが重要なサイトなのに「http://」から始まっている (銀行やオンラインショップであれば必ずセキュリティの高い「https://」になっているはず) というのは、判断する一つのポイントになります。ただし、偽サイトの中には「https://」で始まるものもあるので、これだけで一概に信頼できると判断しないようにして下さい。

また、ドメイン (アドレスの最後) があまり見かけないものであれば要注意です (例:.cc.ru など) 。例えば、上に挙げたマレーシアの詐欺SMSはやはりドメインが「.cc」となっていました。マレーシアの企業であれば、大抵「.my」「.com」「.com.my」といったドメインなので、比較的見分けやすいポイントかもしれません。

さらに、偽サイトでは本家の企業名に余計な文字が追加されていたり、微妙にスペリングが違っていたりすることがよくあります。「amazon」とか「google」という単語が入っているだけで本物と勘違いするかもしれませんが、偽サイトは必ずどこかが違います。一度メッセージを読むのをやめて、正規のサイトを検索して違いがないか比べてみることも一つの方法でしょう。(注:アンケートなどでは通常のサイトとは異なるリンクになっている場合もあるので、企業のメインサイトとアドレスが違うからといって自動的に詐欺と判断できるわけではない)

このように、リンクアドレスにいくつか不審な点があれば「メッセージ自体が詐欺かもしれない」と気づくきっかけになります。

銀行の専用アプリを使う

ほとんどの銀行は、スマホ等で口座取引を行うための専用アプリをリリースしています。銀行からのお知らせでも、メールやSMSで送られるリンクは銀行から届いたように見えてもクリックしないことに加え、リスクを避けるためにアプリをダウンロードして使うよう勧めています。もちろん、そうすると今度はスマホ経由でハッキングされたり情報が漏れたりする心配があるかもしれませんが、それでもフィッシング詐欺に引っかかる危険性と比べるとリスクはかなり低いはずです。

このように、少し意識しておくことだけでもとっさの時に判断力を保てるので、普段から心がけをしておきましょう。全国銀行協会のサイトにも本記事の内容に関連した役立つ情報が載せられていましたので、参考になさって下さい。(一般社団法人 全国銀行協会「金融犯罪の手口 フィッシング詐欺」)


スポンサーリンク

Nomad SIM

Nomad SIM

-マレーシア地元情報
-, ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【マレーシア】いまだに続く交通違反罰金の『ディスカウント』とは

KL交通警察 © CEphoto, Uwe Aranas Contents1 罰金の割引シーズンを待つ人たち2 駐車違反にはホイールロック→結局中止に3 違反を減らすために必要なこと 罰金の割引シーズ …

Palace of the King of Malaysia

【マレーシア】緊急事態宣言 (State of Emergency) 騒動の背景にあるものとは?

マレーシア王宮 by CEphoto, Uwe Aranas 10月23日にムヒディン首相がアブドラ国王と面会し、緊急事態宣言 (State of Emergency) の発令を進言したとの報道があっ …

【マレーシア】クアラルンプール国際空港 (KLIA) ⇒サービスが悪かったら罰金?

世界100か国を超える1,300万人以上もの利用客からの評価が反映される「世界の空港ランキング」。順位を大きく落としているクアラルンプール国際空港 (KLIA) のサービス向上のために考えられた仰天プランとは!?

【マレーシア】駐車料金の払い方 (DBKL編)

車社会のマレーシアで、ほぼ毎日接することになるのが駐車料金の支払いです。 ショッピングモールなど大型商業施設にはたいてい自前の駐車場がありますから、入り口で受け取ったチケットを精算機や窓口で支払う、ま …

【マレーシア】ハーフボイルドエッグは半熟卵とどう違う?

マレーシアのコピティアムで、注文するとなぜか2枚重ねのお皿に載せられてくるゆで卵。このお皿は一体何に使うの?
ハーフボイルドエッグを注文する時のポイントもお伝えします。

このブログについて

東南アジアに住む筆者が、コーヒーにまつわるコラムをはじめ、コーヒー文化と地元情報を現地から発信していきます。

地球はコーヒーで回ってる O.M.C. - にほんブログ村

TSUTAYA TV


管理人: Gaku

40代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。