コーヒー品種ノート

【コーヒー品種】SL-34とは?

投稿日:2018年4月12日 更新日:


by Katya Austin on Unsplash

コーヒーの品種ノートです。

SL-34

由来:ティピカの突然変異種
豆のサイズ:大きい
収穫量:多い
風味の質:素晴らしく良い
初回収穫:3年目
さび病:耐性低い
炭疽病:耐性なし
線虫:耐性低い
栽培適正標高:

北緯5度~南緯5度:1,200m以上

北緯/南緯5度~15度:900m以上

北緯/南緯15度以上:700m以上

SL-34の歴史

1930年代、ケニアの「スコット農業研究所 (Scott Agricultural Laboratories)」は地元の農園と共同でコーヒーの研究調査を行うことがありました。その一つ、ナイロビのカベテ地区にあるロアショ農園 (Loresho Estate) にあった一本の木から選別・栽培された種子が、SL-34という品種名をつけられます。
(品種名につく「SL」というコードについては、SL-28の品種ノートをご参照ください。)

これまでSL-34については、1890年代にフランス領レユニオン島から宣教師により持ち込まれたブルボン種、いわゆる「フレンチミッション」が起源だと言われてきました。しかし、遺伝子解析による最近の研究ではSL-34がティピカ種であることを示しており、そうなると起源についてもこれまでの定説とは違うのではないかという声も上がっています。

SL-34は標高が高くかつ降雨量の多い地域での栽培に順応します。また優れた風味特性に加え、SL-28とは異なり収穫量も多いということでケニアでは広く栽培されています。

スポンサーリンク

[参考資料]
World Coffee Research (2016) 「COFFEE VARIETIES of Mesoamerica and the Caribbean」, URL: https://worldcoffeeresearch.org/media/documents/Coffee_Varieties_of_Mesoamerica_and_the_Caribbean_20160609.pdf (参照日:2018年3月15日)

(2016年4月20日), SL-varieties. Marcanta, URL: https://www.coffeehunter.com/knowledge-centre/sl-varieties/ (参照日:2018年4月28日)


スポンサーリンク

NOZOMI Wi-Fi

NOZOMI Wi-Fi

-コーヒー品種ノート
-, ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【コーヒー品種】ティピカとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 ティピカ (Typica) 由来: エチオピア―イエメン原種 豆のサイズ: 大きい 収穫量: 少ない 風味の質: と …

【コーヒー品種】ジャクソンとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 ジャクソン (Jackson) 由来: イエメン原産ブルボン種 豆のサイズ: 大きい 収穫量: 多い 風味の質: 良 …

【コーヒー品種】ムンド・ノーボとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 ムンド・ノーボ (Mundo Novo) 由来: ティピカとブルボンの自然交配種 豆のサイズ: やや小さい 収穫量: …

【コーヒー品種】マルセレサとは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 マルセレサ (Marsellesa) 由来: ティモール・ハイブリッドとビジャサルチの人工交配種 豆のサイズ: やや …

【コーヒー品種】カトゥーラ (カツーラ) とは?

by Katya Austin on Unsplash コーヒーの品種ノートです。 カトゥーラ (Caturra) 由来: ブルボンの突然変異種 豆のサイズ: 平均的 収穫量: 良好 風味の質: 良い …

このブログについて

東南アジアに住む筆者が、コーヒーコラムやテイスティングノート、また競技会や展示会等のイベントなど、コーヒー文化と地元の情報を現地から発信していきます。


管理人: Gaku

30代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。