アルバム

【美しき東南アジア】ホイアン2

投稿日:2018年4月13日 更新日:


Hoi An
ホイアン・トゥボン川

ベトナム / クアンナム省

ホイアンといえば、歴史あるコロニアルな街並みと至る所で頭上に揺れるランタンが脳裏に浮かぶ。しかし、街の中心を貫くトゥボン川が世界で最も有名な運河の一つに数えられていることはあまり知られていない。

夜明け前の明るさを増してゆく空に柔らかく照らされる早朝、昼の眩しい陽光の中で川縁に映えるパステル色の外壁、橙や群青などが複雑に入り混じった光にすべてが包まれる黄昏時、そして彩り豊かなランタンで着飾った街が水面に煌く夜。―ホイアンの水辺は時の移ろいと共に刻々と変わる表情を見せてくれる。

静寂の中を小舟が行き交う夜明けのトゥボン川

色彩も人も朝とは趣きを異にする夜の運河

舟の周囲をたおやかに流れる光と水、そして時間

“ベトナムのベニス” とも形容されるほど、ホイアンの街とそこに住む人々の生活は川と深く関わっている。とはいえ、水は時として穏やかな流れとは一変した姿を見せることもある。川とほぼ同じ高さに家々が建ち並ぶホイアンは、これまでも頻繁に洪水を経験してきた。

しかし、それを「災害」という言葉で単純に括ることはできない。

築100年を優に超えるであろう家を見ると、2階の床に格子がはめ込まれた四角い穴が開けられていることに気づく。実は洪水の際、ここから下の階の家具を引き上げられるようになっている。また通りが水で溢れると、人々は水路と化した道をボートで移動し、小舟の上で相変わらず新婚カップルの記念撮影を行い、水が引くまで不便ではあるものの洪水なりの生活を送る。

このように、ホイアンの人々は洪水が起きることを前提に家を作り、ある意味でこの自然現象と共存する暮らしを何百年にもわたって続けてきた。大がかりな治水工事でも行われない限り、今後もホイアンが洪水に見舞われたというニュースを目にすることだろう。しかし、しばし解き放たれた水の力に必要以上に抗うのではなく、むしろ受け流す術を身に付けてきたこの街の歴史を知ると、自然に対する現代社会のあり方についてふと考えさせられる。

スポンサーリンク

旅するホイアン・ダナン案内+さくっとホーチミン [ 島本美由紀 ]


スポンサーリンク

NOZOMI Wi-Fi

NOZOMI Wi-Fi

-アルバム
-, ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【東南アジア絶品グルメ】バビグリン (インドネシア)

by Gaku.Y バビグリン (Babi Guling) インドネシア風 ローストポーク インドネシア/バリ島 インドネシア・バリ島の名物グルメといえば必ず名前のあがるバビグリンは、ニンニク、しょう …

【東南アジア絶品グルメ】トムセープ (タイ)

by Gaku.Y トムセープ (Tom Saep) タイ東北風 スープ タイ/チェンマイ県 「タイ料理といえば?」と尋ねると、大抵の日本人が名前を挙げるのが“世界三大スープ”とも言われる「トムヤムク …

【東南アジア絶品グルメ】ガイヤーン (タイ)

by Gaku.Y ガイヤーン (Gai Yang) タイ風 焼き鳥 タイ/チェンマイ県 ガイヤーンもソムタムと同じく、タイ東北部イサーン地域やラオスを発祥とする料理だ。日本語で「焼き鳥」というと串を …

【東南アジア絶品グルメ】カオラウ (ベトナム)

by Gaku.Y カオラウ (Cao Lau) ホイアン風 汁なし麺 ベトナム/クアンナム省 ベトナム中部に位置する世界遺産の街ホイアン名物の一つとなっている麺料理。16世紀から17世紀初頭にかけ朱 …

【東南アジア絶品グルメ】ジョーク (タイ)

by Gaku.Y ジョーク (Jok) タイ風 お粥 タイ/メーホンソン県 日本でお粥というと、脳裏に浮かぶのは白がゆに梅干しや塩昆布が載っている類のもので、どちらかといえば病人や胃腸が弱っている時 …

このブログについて

東南アジアに住む筆者が、コーヒーコラムやテイスティングノート、また競技会や展示会等のイベントなど、コーヒー文化と地元の情報を現地から発信していきます。


管理人: Gaku

30代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。