アルバム

【東南アジア絶品グルメ】ヌアヤーン (タイ)

投稿日:2022年10月11日 更新日:


Grilled beef Thai style

Photo by Gaku.Y

ヌアヤーン (Neua Yang)
タイ風 焼肉 (牛肉)

タイ/チェンマイ県

名前からも分かるが、ヌアヤーンもガイヤーンと同じく肉を漬け込んでから「焼いた(ヤーン)」料理であり、タイ東北部やラオスに起源を持つ。肉にしっかりと味がついているガイヤーンと比べると、同じく下味がついているもののヌアヤーンはつけダレの存在感がより大きい。また、一品料理としてそのまま食べることの多いガイヤーンに対して、ヌアヤーンはそれ単体だけでなくサラダ(ヤムヌア)など他の料理に加える肉としても使われている。

大衆食堂だと結構しっかりと火が通った薄切り肉が出てくることが多い。一方、少し手をかけた料理を提供するレストランであれば、やや厚めの牛肉をレアまたはミディアムレアあたりの焼き加減で仕上げたものが主流派だろう。どちらにしても、基本は炭火で香ばしく焼き上げられており、そこに絡めて食べるタレ(ナムチムジェオ)が肉自体の旨味を十分に引き立ててくれる。砕いた煎りもち米、粉唐辛子、タマリンドやパームシュガーなど甘・辛・酸といった味の要素や異なる食感が複雑に混じり合ったタレは、辛さが際立つものの非常に奥行きのある味わいだ。

ヌアヤーンは、別名「スアロンハイ(=“虎が泣く”の意)」とも呼ばれている。厳密には使っている牛肉の部位でヌアヤーンとスアロンハイには違いがあるが、実際にはそこまで明確に区別されていないように思う。ヌアヤーンの一種がスアロンハイということなので、感覚的に日本で言えばトンカツというくくりの中にヒレカツがあるようなものだろうか。

スポンサーリンク

ヌアヤーンに使われる牛肉は、ホテルのレストランなどでは柔らかいステーキ肉を使用しているところが多い。しかし、筆者が忘れられないのは10数年前に初めてチェンマイで食べたこぶ牛の肉だ。もちろん肉質はお世辞にも柔らかいとは言えず、小さく切られた肉であっても相当に噛み応えがある。しかし、食肉牛として育てられた牛とは根本的に異なる濃厚な旨味と甘みが、タレの辛み・酸味と合わさって口の中で爆発的に広がるという経験は、これまでに味わったどの牛肉よりも強烈な印象を残した。

こぶ牛、と聞くと「クセがありそう」「臭いがきついんじゃないか」「固くて食べにくいだろう」といったネガティブなイメージがあるかもしれないが、仕込みダレに漬け込んだ肉を炭で焼き、これまたスパイスたっぷりのタレにつけて味わうヌアヤーンなら、クセなど感じることなく美味しく食べることができる。機会があれば、サシが入った柔らかいビーフとは異次元の野性味あふれる牛本来の肉の味をぜひ味わってみて欲しい。

地球はコーヒーで回ってる O.M.C. - にほんブログ村


スポンサーリンク

Colors Coffee

Colors Coffee

-アルバム
-, ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【東南アジア絶品グルメ】ジョーク (タイ)

by Gaku.Y ジョーク (Jok) タイ風 お粥 タイ/メーホンソン県 日本でお粥というと、脳裏に浮かぶのは白がゆに梅干しや塩昆布が載っている類のもので、どちらかといえば病人や胃腸が弱っている時 …

Stewed pork

【東南アジア絶品グルメ】バクテー (マレーシア)

Photo by Gaku.Y バクテー[肉骨茶] (Buk Kut Teh) 豚肉の漢方煮込み マレーシア/クアラルンプール 今でこそ日本のテレビで取り上げられることも増え、「バクテー」が何なのか知 …

Dry noodle on the plate

【東南アジア絶品グルメ】サラワクミー/コロミー (マレーシア)

by Gaku.Y サラワクミー/コロミー[砂捞越干捞面] (Sarawak Kolo Mee) サラワク風 汁なし麺 マレーシア/サラワク州 マレーシアの麺料理と言えば「パンミー(板面)」や「ワンタ …

【東南アジア絶品グルメ】ガイヤーン (タイ)

by Gaku.Y ガイヤーン (Gai Yang) タイ風 焼き鳥 タイ/チェンマイ県 ガイヤーンもソムタムと同じく、タイ東北部イサーン地域やラオスを発祥とする料理だ。日本語で「焼き鳥」というと串を …

【美しき東南アジア】ホイアン

Hoi An ホイアン ベトナム / クアンナム省 1999年に世界遺産に登録された、ベトナム中部にある港町ホイアン。日中の大半は歩行者天国となる旧市街を歩くと、この地に影響を与えた日本、中国、そして …

このブログについて

東南アジアに住んで21年。知っているとコーヒーがもっと楽しめる豆知識をはじめ、さまざまなコーヒー文化と地元情報を現地から発信しています。

地球はコーヒーで回ってる O.M.C. - にほんブログ村

TAILORED CAFE Online Store


管理人: Gaku

40代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。