-Oh My Coffee- 海外から現地情報と世界のコーヒー文化を発信

アルバム

【東南アジア絶品グルメ】ガイヤーン (タイ)

投稿日:2019年1月27日 更新日:


by Gaku.Y

ガイヤーン (Gai Yang)
タイ風 焼き鳥

タイ/チェンマイ県

ガイヤーンもソムタムと同じく、タイ東北部イサーン地域やラオスを発祥とする料理だ。日本語で「焼き鳥」というと串を想像するが、ガイヤーンはむしろバーベキューチキンと呼ぶ方がイメージに近いかもしれない。ナンプラーにニンニクやスパイスなどを加えたタレに漬け込んだ鶏肉を炭火でじっくり焼くこの料理は、シンプルながら店ごとの技や個性が出やすい。マリネされた肉自体にしっかりと味はついているのだが、さらにそれを辛いつけダレで食べるのが一般的である。

炭火でよくここまで上手い加減にできるなと感心するほど中までジューシーに焼き上げたものもあれば、焼くのはケバブのような機械を使っているとはいえニンニクたっぷりのパンチの利いた風味で人気の店もある。ちなみに上の写真は、ナンプラーと白胡椒ベースで仕上げたあっさりとした味付けながら、皮のパリパリ感がやみつきになると地元の若者を中心に人気の一品だ。このように焼き方もレシピも店によってかなり異なるので、ガイヤーンの食べ比べをするのも面白い。

また、タイミングがよければ鶏の足の部分やその他の希少部位を店の片隅でこっそりと焼いていることがある。足は見た目はグロテスクだし食べるところもほとんどないのだが、香ばしい皮をせせりながら味わうと結構ハマるものだ。以前、私と妻が皿に盛られた焼きたての鶏の足を食べていると、ちょうど隣のテーブルに座った警察官のグループが「それどう?美味いか?」と話しかけてきた後、結局自分たちも注文して皆で何とも幸せそうに食べていた光景は今でもはっきりと覚えている。もし珍しい部位をガイヤーンの店先で見かけることがあれば、ぜひ一度試して頂きたい。

スポンサーリンク

チェンマイへ 北タイごはんと古都あるき (旅のヒントBOOK) [ 岡本麻里 ]

(2019年1月29日: テキスト修正)


スポンサーリンク

Nomad SIM

Nomad SIM

-アルバム
-, ,

執筆者:


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【美しき東南アジア】ホイアン

Hoi An ホイアン ベトナム / クアンナム省 1999年に世界遺産に登録された、ベトナム中部にある港町ホイアン。日中の大半は歩行者天国となる旧市街を歩くと、この地に影響を与えた日本、中国、そして …

【東南アジア絶品グルメ】カオラウ (ベトナム)

by Gaku.Y カオラウ (Cao Lau) ホイアン風 汁なし麺 ベトナム/クアンナム省 ベトナム中部に位置する世界遺産の街ホイアン名物の一つとなっている麺料理。16世紀から17世紀初頭にかけ朱 …

【東南アジア絶品グルメ】バビグリン (インドネシア)

by Gaku.Y バビグリン (Babi Guling) インドネシア風 ローストポーク インドネシア/バリ島 インドネシア・バリ島の名物グルメといえば必ず名前のあがるバビグリンは、ニンニク、しょう …

【東南アジア絶品グルメ】トムセープ (タイ)

by Gaku.Y トムセープ (Tom Saep) タイ東北風 スープ タイ/チェンマイ県 「タイ料理といえば?」と尋ねると、大抵の日本人が名前を挙げるのが“世界三大スープ”とも言われる「トムヤムク …

【美しき東南アジア】ホイアン2

Hoi An ホイアン・トゥボン川 ベトナム / クアンナム省 ホイアンといえば、歴史あるコロニアルな街並みと至る所で頭上に揺れるランタンが脳裏に浮かぶ。しかし、街の中心を貫くトゥボン川が世界で最も有 …

このブログについて

東南アジアに住んで18年。知っているとコーヒーがもっと楽しめる豆知識をはじめ、さまざまなコーヒー文化と地元情報を現地から発信しています。

地球はコーヒーで回ってる O.M.C. - にほんブログ村

TSUTAYA TV


管理人: Gaku

40代の通訳者です。
マレーシアのクアラルンプール在住。

[好きなモノ]コーヒー、写真、バイク、温泉、ラーメン

毎朝、妻と二人でコーヒーを飲むのが日課。でも、珈琲ネタを語りだすとサラリと流されます。